ネジ

フッ素コーティングの特徴を活用した離型剤の効果

ディスクドライブ

一般の人にとって、フッ素コーティングと言えば、こげつかない調理器具のイメージが真っ先に思い浮かぶでしょう。実際に、フッ素コーティングを施した鍋やクッキングシートなどを使っている方なら、その表面を食材であれ、調味料であれ、するするとよく滑って粘着しない様子を目の当たりにしているはずです。これが、フッ素コーティングされた物体のもつ特徴で、この性質を非粘着性、そしてすべり性といいます。
この特徴を活用した薬剤として、離型剤というものがあります。離型剤は、フッ素コーティングされた調理器具とは異なり、一般の人が日常の生活の中で使用するものではありません。シリコンやプラスチック、そしてゴムといった素材を使って、工業製品を大量生産する際に使います。こうした素材から製品を作る場合、共通して金型という形づくりのための道具を使いますが、離型剤はこの金型に塗布して使います。
離型剤を塗らずに金型で形づくりをすると、シリコンにせよゴムにせよ、内壁にこびりついて離れなくなってしまいます。離型剤を塗布すると、その中に成分として含まれたフッ素コーティング剤によって、表面がよく滑る調理器具同様、素材が粘着しなくなります。そのため、成形した製品を無理なく金型から取り出すことが可能になるのです。

金型でプラスチック製品などを綺麗に形造るのに不可欠な離型剤

ハンドメイドの一点ものと、ゴムやプラスチック素材の工業規格品の違いは一目瞭然です。ハンドメイド品は、形にもデザインにも統一性がなく、むしろその一回性が、世界に一つしかないものとして高い価値を持つとされています。一方、工業規格品は、同じ型番、商品番号等の製品であれば、全て同じ形をしています。これは、ハンドメイドという手法で作られているわけではなく、金型という型を使って製造しているためです。
工業規格品を綺麗に均一な形にするために金型は必須のツールですが、それだけで同じ形の製品を作れるわけではありません。金型にゴムやプラスチックを流し込んで固めた段階では、確かに、全て同じ形の製品になります。しかし、型を取り外す段階で、成形物が金型に粘着するため、そこから剥がそうとする時に形が歪になったり、壊れたりしてしまいます。つまり、金型だけを使った場合は、工業規格品として均一の形の製品を完成させることはできないのです。
そこで、離型剤を使います。成分はいろいろありますが、フッ素コーティング剤を含むものが、現場ではよく使われています。離型剤を金型に塗布しておくと、素材が金型に粘着しなくなるため、成形物を簡単に取り出せるようになります。離型剤と金型は、ゴム製品等を綺麗に形造るのに、2つセットで必要不可欠なツールと言えるでしょう。

複雑な形状のゴム製品等を作るには離型剤が欠かせない

形が複雑なゴムやシリコンの製品を作る場合、難関は2つあります。一つは、その形の製品を作るための金型を用意すること、もう一つは、その金型を使って成形出来た製品を、その形状を維持したままで金型から取り出すことです。苦労して作った金型のお陰で、折角複雑な形の製品を上手く形作ることが出来たにも関わらず、綺麗なままで型から取り出すことが出来ないのでは何にもなりません。そこで、後者のステップで必ず使わなければならないのが、離型効果の高い離型剤です。
離型剤には、何種類か、主成分の違うタイプのものがありますが、複雑な形で壊れやすいものを扱う場合には、フッ素コーティング剤を使った離型剤を採用する方がいいでしょう。フッ素系の離型剤は、薄く塗布するだけで高い離型効果を発揮できるため、複雑な形状の金型であっても、満遍なく塗布して離型効果を発揮させることが可能です。また、そのような薄い塗膜であっても離型効果は抜群で、素材が金型の中で固まった後、あまり力を入れずとも、簡単に成形物を取り出すことが出来、破損リスクが極めて低いという特長があります。
成形の難しい複雑な形状のシリコンやゴム製品を製造する場合には、このような特性を備えたフッ素系離型剤を使うのがおすすめです。


製品の品質は離型剤で決まると言っても過言ではありません!高性能の離型剤なら【株式会社フロロテクノロジー】の独自技術で作られた新型フッ素系離型剤!従来のものとは全く違うので試してみてください!

完全に同じ形のパッキンに交換できるのは離型剤の働きあってのこと

圧力鍋を普段からよく使っている方は、パッキンの経年劣化についてよくご存じでしょう。圧力鍋で圧をかけて調理するためには、パッキンの存在が必要不可欠ですが、圧力鍋を使い込んでいる…

現場が安心して使える引火性のない離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形を行う作業現場では、作業効率をなるべく高めるため、現場で簡単に塗布できる離型剤がよく使われます。フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、…

作業手順を減らせるフッ素系離型剤がワックス系よりもお得

離型効果の高さは、自社製品の成形で使う離型剤選択の第一のチェックポイントです。その離型剤を金型に塗布して、どれだけ簡単に成形物を取り出すことができるか。離型剤の優劣は、基本的…

離型剤を使ってゴムもプラスチックも綺麗に金型から剥がそう

最近では、調理中に食材が鍋にこびりついて困るという悩みを抱えている人は殆どいないのではないでしょうか。それは、フッ素コーティング加工を施したクッキングアイテムが開発され、広く…