ネジ

現場が安心して使える引火性のない離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形を行う作業現場では、作業効率をなるべく高めるため、現場で簡単に塗布できる離型剤がよく使われます。フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、スプレーで金型に吹き付けるだけでいいものや、刷毛を使った手作業で追加塗布できるものなど、現場で使いやすいタイプの製剤があります。このような製品があると、成形作業の途中で離型剤の効き方が悪くなってきた場合でも、すぐに対応できるので重宝します。
もう一点、現場で使える離型剤としてフッ素系離型剤のメリットを挙げるとすれば、溶剤に不燃性の液体を使った引火性のない製剤ということでしょう。引火性のある液体を現場において作業に従事することには、心理的な負担がつきものです。集中して作業に取り組む必要があるスタッフにとって、これはあまり有難い状態とは言えないでしょう。フッ素系の引火性のない離型剤を使っている場合は、作業従事者も安心して成形作業に意識を集中することが出来るため、作業効率にもいい影響があると考えられます。
大量の規格品を連続的に成形する作業現場では、現場で使える便利な離型剤が不可欠です。更に、引火性もなく安全に使えるということで、フッ素系の離型剤が最善の選択肢と言えるでしょう。

完全に同じ形のパッキンに交換できるのは離型剤の働きあってのこと

圧力鍋を普段からよく使っている方は、パッキンの経年劣化についてよくご存じでしょう。圧力鍋で圧をかけて調理するためには、パッキンの存在が必要不可欠ですが、圧力鍋を使い込んでいる…

現場が安心して使える引火性のない離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形を行う作業現場では、作業効率をなるべく高めるため、現場で簡単に塗布できる離型剤がよく使われます。フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、…

作業手順を減らせるフッ素系離型剤がワックス系よりもお得

離型効果の高さは、自社製品の成形で使う離型剤選択の第一のチェックポイントです。その離型剤を金型に塗布して、どれだけ簡単に成形物を取り出すことができるか。離型剤の優劣は、基本的…

離型剤を使ってゴムもプラスチックも綺麗に金型から剥がそう

最近では、調理中に食材が鍋にこびりついて困るという悩みを抱えている人は殆どいないのではないでしょうか。それは、フッ素コーティング加工を施したクッキングアイテムが開発され、広く…