ネジ

作業手順を減らせるフッ素系離型剤がワックス系よりもお得

離型効果の高さは、自社製品の成形で使う離型剤選択の第一のチェックポイントです。その離型剤を金型に塗布して、どれだけ簡単に成形物を取り出すことができるか。離型剤の優劣は、基本的にはその点を中心に評価されます。
しかし、現場作業に適した離型剤という観点では、もう少し視野を広げて、離型効果の高さ以外の点も考慮に入れて製品を選ぶ必要があるでしょう。例えば製造する製品数が多い場合、連続離型を難なくこなせるだけの持続性があることも、離型剤選択の要件として重要になってきます。この点を考慮すると、フッ素系離型剤がワックス系よりも優秀と言えます。
また製品の製造数量が多くて、作業時間のなるべく多くを成形作業に当てたい場合、他の作業をしなくて済むことも大切な要件になります。この点もやはり、フッ素系離型剤の方が有利となります。それというのも、ワックス系と違ってフッ素系離型剤は、成形物に付着して汚すことがほとんどありません。ワックス系はよく成形物に転写するため、これを洗浄する作業が必須となります。フッ素系離型剤を使うと、洗浄作業が不要な分、その時間も成形作業に割り当てて、より多くの製品を作ることができるでしょう。

完全に同じ形のパッキンに交換できるのは離型剤の働きあってのこと

圧力鍋を普段からよく使っている方は、パッキンの経年劣化についてよくご存じでしょう。圧力鍋で圧をかけて調理するためには、パッキンの存在が必要不可欠ですが、圧力鍋を使い込んでいる…

現場が安心して使える引火性のない離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形を行う作業現場では、作業効率をなるべく高めるため、現場で簡単に塗布できる離型剤がよく使われます。フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、…

作業手順を減らせるフッ素系離型剤がワックス系よりもお得

離型効果の高さは、自社製品の成形で使う離型剤選択の第一のチェックポイントです。その離型剤を金型に塗布して、どれだけ簡単に成形物を取り出すことができるか。離型剤の優劣は、基本的…

離型剤を使ってゴムもプラスチックも綺麗に金型から剥がそう

最近では、調理中に食材が鍋にこびりついて困るという悩みを抱えている人は殆どいないのではないでしょうか。それは、フッ素コーティング加工を施したクッキングアイテムが開発され、広く…