ネジ

完全に同じ形のパッキンに交換できるのは離型剤の働きあってのこと

圧力鍋を普段からよく使っている方は、パッキンの経年劣化についてよくご存じでしょう。圧力鍋で圧をかけて調理するためには、パッキンの存在が必要不可欠ですが、圧力鍋を使い込んでいるうちに、パッキンも柔軟性を失い、鍋の密閉性を確保するのが難しくなってきます。そんな場合は、同じ形・サイズのパッキンを新たに購入して交換すればいいわけですが、これが可能なのも、パッキンのようなゴム製品を、完全に同じ形に成形する技術があるおかげです。
その技術として、メインで使われているのが金型と呼ばれる型です。パッキンの場合はゴムですが、シリコンやプラスチックを使う場合も、金型で形づくりをします。ただ、金型に出来ることは、素材に製品としての形状を与えるところまでです。成形物を破損せずに金型から取り出すためには、離型剤という薬剤のサポートが必要になります。よく使われる離型剤としてフッ素系離型剤があり、これは、主成分としてフッ素コーティング剤を含んでいます。そのため、フッ素系離型剤を金型に塗布すると、その表面にフッ素樹脂被膜が形成され、それが素材と金型の粘着をブロックする役割を果たします。その結果、パッキンの形状を与えられたゴムも、その形を維持したままで、金型から取り出すことが出来るのです。

完全に同じ形のパッキンに交換できるのは離型剤の働きあってのこと

圧力鍋を普段からよく使っている方は、パッキンの経年劣化についてよくご存じでしょう。圧力鍋で圧をかけて調理するためには、パッキンの存在が必要不可欠ですが、圧力鍋を使い込んでいる…

現場が安心して使える引火性のない離型剤

プラスチック製品やゴム製品の成形を行う作業現場では、作業効率をなるべく高めるため、現場で簡単に塗布できる離型剤がよく使われます。フッ素コーティング剤が主成分の離型剤の中には、…

作業手順を減らせるフッ素系離型剤がワックス系よりもお得

離型効果の高さは、自社製品の成形で使う離型剤選択の第一のチェックポイントです。その離型剤を金型に塗布して、どれだけ簡単に成形物を取り出すことができるか。離型剤の優劣は、基本的…

離型剤を使ってゴムもプラスチックも綺麗に金型から剥がそう

最近では、調理中に食材が鍋にこびりついて困るという悩みを抱えている人は殆どいないのではないでしょうか。それは、フッ素コーティング加工を施したクッキングアイテムが開発され、広く…